Taka-DAI

労働者災害補償保険法

障害(補償)年金差額一時金|労災保険

障害(補償)年金の受給権者が死亡したとき、既に支給された障害(補償)年金と障害(補償)年金前払一時金の合計額が、障害等級に応じて定められている一定額に満たない場合には、遺族に対して、障害(補償)年金差額一時金が支給されます。
労働者災害補償保険法

障害(補償)年金前払一時金|労災保険

障害(補償)年金を受給することとなった方は、1回に限り、年金の前払いを受けることができます。
労働者災害補償保険法

障害(補償)給付|労災保険

 業務または通勤が原因となった負傷や疾病が治ったとき、身体に一定の障害が残った場合には、障害補償給付(業務災害の場合)または障害給付(通勤災害の場合)が支給されます。
労働者災害補償保険法

傷病(補償)年金/障害の程度の変更|労災保険

 傷病(補償)年金の受給権者の障害の程度に変更があった場合、変更後の状態により受給できる額が次のように変更されます。他の傷病等級に該当することになった場合には、変更後の傷病等級に応じた傷病(補償)年金額が、翌月から支給され、傷病等級に該当しなくなった場合には、傷病(補償)年金にかえて、その翌月から休業(補償)給付が支給されます。
労働者災害補償保険法

傷病(補償)年金/支給額、手続き|労災保険

給付の内容は、傷病等級に応じて、傷病(補償)年金が支給されます。
労働者災害補償保険法

傷病(補償)年金/支給要件|労災保険

 傷病(補償)年金は、業務または通勤が原因となった負傷や疾病の療養開始後1年6か月を経過した日またはその日以後、次の要件に該当するとき、傷病補償年金(業務災害の場合)または傷病年金(通勤災害の場合)が支給されます。 (1)その負傷又は疾病が治っていないこと。 (2)その負傷又は疾病による障害の程度が傷病等級表の傷病等級に該当すること。
労働者災害補償保険法

休業(補償)給付の支給制限|労災保険

休業(補償)給付の受給資格を持つ労働者が以下の状態に陥った場合、支給を制限されます。 ・刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されている場合 ・少年院その他これらに準ずる施設に収容されている場合
労働者災害補償保険法

休業(補償)給付/支給額及び支給期間 |労災保険

業務上または通勤途中の災害による怪我や病気のために働けず、賃金を受けることができなくなった労働者に対して、怪我や病気になる前の賃金の6割相当額が休業(補償)給付から支給されます。
労働者災害補償保険法

休業(補償)給付/支給要件|労災保険

労働者が、業務上または通勤が原因となった負傷や疾病による療養のため労働することができず、そのために賃金を受けていないとき、その第4日目から休業補償給付(業務災害の場合)または休業給付(通勤災害の場合)が支給されます。
労働者災害補償保険法

療養給付の一部負担金|労災保険

労災保険から療養の給付を受ける場合、業務上災害の場合には、一部負担の規定がありません。しかし、通勤災害に限っては、一部負担金が徴収されます。通勤災害は、事業主の支配下で起きるものではなく、労基法の災害補償責任を根拠とするものではありませんので。このため、受益者負担という観点から、一部負担金が設けられています。
タイトルとURLをコピーしました