法定休日

労働基準法

【過去問】法定休日に関する問題(2018年:問3)正答率60%台|労働基準法

2018年【問3】  労働基準法第35条に定めるいわゆる法定休日を日曜とし、月曜から土曜までを労働日として、休日及び労働時間が次のように定められている製造業の事業場における、労働に関する時間外及び休日の割増賃金に関する記述のうち、正しいものはどれか。  日 月 火 水 木 金 土  休 6 6 6 6 6 6  労働日における労働時間は全て  始業時刻:午前10時、終業時刻:午後5時、休憩:午後1時から1時間 A 日曜に10時間の労働があると、休日割増賃金の対象になるのは8時間で、8時間を超えた2時間は休日労働に加えて時間外労働も行われたことになるので、割増賃金は、休日労働に対する割増率に時間外労働に対する割増率を加算する必要がある。 B 日曜の午後8時から月曜の午前3時まで勤務した場合、その間の労働は全てが休日割増賃金対象の労働になる。 C 月曜の時間外労働が火曜の午前3時まで及んだ場合、火曜の午前3時までの労働は、月曜の勤務における1日の労働として取り扱われる。 D 土曜の時間外労働が日曜の午前3時まで及んだ場合、日曜の午前3時...
タイトルとURLをコピーしました