独学・短期合格を目指すなら即学習開始!

2020年社会保険労務士試験の合格発表が11月6日に官報に公告されました。 合格率6.4%(前年6.6%)

合格者は2,237人、合格率は6.4%でした。合格された方は、誠におめでとうございます。
社会保険労務士試験は、毎年8月下旬に実施されます。「独学・単年度合格」を目指し、6%台の合格者の仲間入りするには、なるべく早めに勉強をスタートさせたほうがよいでしょう。スキマ時間なども活用して、なるべく多くの学習時間を捻出しましょう。

解雇予告の適用除外(法21条)|労働基準法

解雇予告の適用除外

労働基準法

 法21条では、第20条の解雇予告に定められる例外規定です。

解雇予告の適用除外(法21条)

 

 第20条の解雇予告の規定は、左の各号の一に該当する労働者については適用しない
但し、第1号に該当する者が1箇月を超えて引き続き使用されるに至つた場合、第2号若しくは第3号に該当する者が所定の期間を超えて引き続き使用されるに至つた場合又は第4号に該当する者が14日を超えて引き続き使用されるに至つた場合においては、この限りでない。
  1.  日日雇い入れられる者
  2.  2箇月以内の期間を定めて使用される者
  3.  季節的業務に4箇月以内の期間を定めて使用される者
  4.  試の使用期間中の者

解雇予告不要な場合

(1)日日雇い入れ
(2)2ヶ月以内の期間を定めて使用
(3)季節的業務に4ヶ月以内の期間を定めて使用
(4)試用期間中

解雇予告が必要となるケース

(1)    →1ヶ月を超えて引き続き使用
(2)・(3)→所定の期間を超えて引き続き使用
(4)    →14日をを超えて引き続き使用

趣旨

 臨時的性質の労働者に対しては、法第20条の解雇予告制度を適用し解雇予告をさせることが困難又は不適当であるし、労働者としても臨時的な就労と考えているのであえて予告させるに及ばないと考えられるため、一定の者を解雇予告制度の適用除外として規定しています。
 しかし、解雇予告義務を免れるため契約の形式のみを上述の形として乱用する恐れもあるので、これを防止する観点から、対象労働者が、当該期間を超えた場合には、法第20条の規定が適されるものとした。

試みの使用期間中の解雇

 法第21条は、試みの使用期間中の者であっても、その使用期間が14日を超えた場合は解雇義務を除外しないこととしたものである。したがって、会社で定めている試みの使用期間の如何にかかわりなく、14日を超えれば法第20条の解雇予告、もしくは予告手当の支払を要するものである。
(昭和24.5.14基収1498号)

反復更新されていた臨時工の解雇予告

 形式的には概ね1箇月の雇用期間を定めた契約が反復更新されても実質において期間の定めのない労働関係と認められる場合は昭和24年9月21日基収第2751号の通り法第21条第2号(2箇月以内の期間を定めて使用される者)には該当せず、法第20条の解雇の予告を必要とする。
(昭和27.2.2基収503号)

短期契約の継続的な更新

 形式的に労働契約が更新されても、短期の契約を数回に亘って更新し、かつ同一作業に引き続き従事させる場合は、実質において期間の定めのない契約と同一に取り扱うべきものであるから法第21条第2号に該当するものではない。(昭和24.9.21基収2751号)

参考通達

2箇月以内の期間を定めて使用される者

 日日雇い入れられる者として雇用していた労働者を幾日か経過した後に2箇月の期限付労働者として雇用し、その2箇月の期間満了前に解雇する場合、当該2箇月の契約が反復継続されたものではなく、その期間が法第21条第2号に該当する限り解雇の予告の問題は起こらない。(昭和27.4.22基収1239号)
 

(契約の更新と試みの使用期間)

 「日日雇い入れられる者」を期限付き若しくは無期限の一般労働者として雇用した場合、その後2週間の試用期間中に解雇しようとするときは、契約更新に伴い、明らかに作業内容が切り替えられる等客観的に試みの使用期間と認められる場合のほか、解雇予告を必要とする。(昭和27.4.22基収1239号)
資格校紹介
2020年8月23日(日)に第52回社会保険労務士試験が実施されました。 今年度の受験申込者数は約49,200人でした。 合格率は10%を切るほどの難関資格の一つです。 しかし、働き方改革の影響もあり、社労士への期待とニーズは高まっているため多くの方が目指されています。あらゆることに共通しますが、何かを成し遂げようとするときには計画を立て目標に向けて実行し続けることが重要です。多くのライバルが存在するからこそ、学習を早めに始めることがとても大切になります。社労士資格校を紹介します。通学ではなく手軽にスキマ時間で学習できる資格校を選んでおります。
社労士試験用教材のご紹介
独学で取得を目指す方も多いですよね。私もその一人でした。しかし、勉強を始めるにあたりどのテキストを選べば良いのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんな社労士試験用テキストをご紹介していきます。最短期間での合格を目指して、しっかり対策を立てていきましょう!
労働法関連書籍のおすすめ本(入門書~実務書)
労働法を入門から実務まで精通するための良本を紹介します。
スポンサーリンク【社会保険労務士事務所の仕事がわかる本】
実務からイメージが掴める!労働基準法の実務相談
実務からイメージが掴める!労働保険の実務相談
スポンサーリンク
スポンサーリンク クレアール
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
労働基準法
スポンサーリンク【Amazon】
スポンサーリンク Amazonプライム会員
スポンサーリンク【楽天市場】
Taka-DAIをフォローする
社労士試験|合格のための学習Webサイト
タイトルとURLをコピーしました