契約期間

労働基準法

有期労働契約の暫定措置(法附則137条)|労働基準法

労働基準法では、有期労働契約の暫定措置として、労働者側から、1年を超える有期労働契約を締結したとき、1年経過後はいつでも退職できることを規定しています。有期とは、読んで字のごとく「期間が定められていること」ですね。
労働基準法

契約期間(法14条1項)|労働基準法

労働基準法第14条第1項は、長期契約による労働者の足止めなど人身拘束の問題を防止するための規定です。
タイトルとURLをコピーしました