障害基礎年金の年金額はいくらか

障害基礎年金の年金額はいくらか

老齢基礎年金同様に国民年金ですから、障害基礎年金も「定額」です。(報酬比例ではない

障害基礎年金額(平成30年度価額)

【1級】779,300円×1.25=974,100円
【2級】779,300円
2級が基準であり、老齢基礎年金の満額と同額です。1級は、2級の1.25倍です。
子がいる場合は、子の加算がつきます。

加算額

第1子、第2子:各 224,300円
第3子以降  :各  74,800円
子の定義は次のとおりです。

原則

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子

特例

20歳未満であって障害等級に該当する障害の状態にある子

原則は、「子どもが高校を卒業するまで」で、特例は「子どもも障害等級1級または
2級の状態にある場合は20歳まで」ということです。特例の場合でも、子どもが20
歳になったら加算額はなくなってしまいますが、その後は、子自身が「20歳前の傷病
による障害に基づく障害基礎年金」を受給することができます。
※老齢厚生年金の加給年金額の子の要件と同じですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました