学習

労働者災害補償保険法

給付通則|労災保険

「通則」とは、法規などで、全般にわたって適用される規則。総則。一般に適用される規則。共通の決まりごとになります。(同義ですが) 労災保険の給付通則では、年金の支給期間と支払期月(法9条)、死亡の推定(法10条)、未支給の保険給付 (法11条)、受給権の保護、端数処理、保険給付に関する届出について解説していきます。
労働者災害補償保険法

二次健康診断等給付|労災保険

二次健康診断等給付は、労働安全衛生法に基づいて行われる定期健康診断等のうち、直近のもの(「一次健康診断」といいます)において、脳・心臓疾患に関連する一定の項目に異常の所見がある場合に、二次健康診断等給付が受けられます。
労働者災害補償保険法

葬祭料|労災保険

葬祭料の支給対象は、必ずしも遺族とは限りませんが、通常は葬祭を行うにふさわしい遺族となります。なお、葬祭を執り行う遺族がなく、社葬として被災労働者の会社が葬祭を行った場合は、その会社に対して葬祭料が支給されることになります。
労働者災害補償保険法

遺族(補償)一時金|労災保険

 被災労働者死亡当時に、遺族(補償)年金を受ける遺族(受給資格者)がいない場合や、遺族(補償)年金の受給権者が最後順位者まで全員失権し、前払一時金を含む支給済みの遺族(補償)年金額が給付基礎日額の1,000日分に満たなかった場合には、一定の遺族に遺族(補償)一時金等の給付が行われます。
労働者災害補償保険法

遺族(補償)年金前払一時金|労災保険

 遺族(補償)年金を受給することとなった遺族は、1回に限り、年金の前払いを受けることができます。若年停止により年金の支給が停止されている場合でも、前払いを受けることができます。
労働者災害補償保険法

遺族(補償)給付|労災保険

業務または通勤が原因で亡くなった労働者の遺族に対し、遺族補償給付(業務災害の場合)または遺族給付(通勤災害の場合)が支給されます。残された遺族にとっては死亡という一番悲しい出来事に遭遇してしまい、乱暴な言い方で恐縮ですが、他の保険給付にはない手厚い保険給付となっています。日本の労災年金は世界屈指の手厚さといわれています。
労働者災害補償保険法

介護(補償)給付|労災保険

 障害(補償)年金または傷病(補償)年金の受給者のうち、障害等級・傷病等級が第1級の方(すべて)と第2級の「精神神経・胸腹部臓器の障害」を有している方が、現に介護を受けている場合、介護保障給付(業務災害の場合)または介護給付(通勤災害の場合)が支給されます。
労働者災害補償保険法

障害(補償)年金差額一時金|労災保険

障害(補償)年金の受給権者が死亡したとき、既に支給された障害(補償)年金と障害(補償)年金前払一時金の合計額が、障害等級に応じて定められている一定額に満たない場合には、遺族に対して、障害(補償)年金差額一時金が支給されます。
労働者災害補償保険法

障害(補償)年金前払一時金|労災保険

障害(補償)年金を受給することとなった方は、1回に限り、年金の前払いを受けることができます。
労働者災害補償保険法

障害(補償)給付|労災保険

 業務または通勤が原因となった負傷や疾病が治ったとき、身体に一定の障害が残った場合には、障害補償給付(業務災害の場合)または障害給付(通勤災害の場合)が支給されます。
労働者災害補償保険法

傷病(補償)年金/障害の程度の変更|労災保険

 傷病(補償)年金の受給権者の障害の程度に変更があった場合、変更後の状態により受給できる額が次のように変更されます。他の傷病等級に該当することになった場合には、変更後の傷病等級に応じた傷病(補償)年金額が、翌月から支給され、傷病等級に該当しなくなった場合には、傷病(補償)年金にかえて、その翌月から休業(補償)給付が支給されます。
労働者災害補償保険法

傷病(補償)年金/支給額、手続き|労災保険

給付の内容は、傷病等級に応じて、傷病(補償)年金が支給されます。
タイトルとURLをコピーしました