厚生年金

厚生年金保険法

未支給年金の規定および時効について国民年金との違い

裁定、端数処理、年金の支給期間および支払期月、死亡の推定および失踪宣告の場合の取扱い、年金の支払いの調整、損害賠償請求権、受給権の保護および公課の禁止、時効等の規定は、すべて国民年金と同様ですが、未支給の規定と事項に関して若干の違いがあります。
厚生年金保険法

厚生年金保険の免除制度

厚生年金の免除制度には、産前産後休業期間、育児休業期間中の保険料免除制度があります。
厚生年金保険法

厚生年金保険の加入日は

厚生年金保険の加入日について説明します。基本的には勤め始めた日ですね。
厚生年金保険法

厚生年金保険の被保険者の種類

厚生年金保険が適用される会社等に勤めている人で70歳未満の人は、厚生年金の被保険者となり、保険料を支払うことになります。この場合、本人の意思とは関係なく厚生年金保険に加入しなけらばならないので、この人たちのことを「当然被保険者」と呼びます。
厚生年金保険法

厚生年金保険の適用事業所

厚生年金保険の適用事業所について説明します
厚生年金保険法

厚生年金保険に加入するのは強制か?

厚生年金保険については、会社単位で考えなければなりません。なぜなら厚生年金保険は、個人が単独で加入するものではないからです。一定条件を満たした事務所や労働者なら加入しなければならない制度です。
タイトルとURLをコピーしました