老齢厚生年金

厚生年金保険法

老齢厚生年金 雇用保険との調整

特別支給の老齢厚生年金は、雇用保険法の給付と調整されます。
国民年金法

65歳以降の老齢基礎年金と老齢厚生年金、経過的加算

65歳以降の老齢基礎年金、老齢厚生年金、経過的加算について説明します。
厚生年金保険法

老齢厚生年金の支給額の計算

老齢厚生年金の支給額の計算は、定額部分と報酬比例分はおのおの別々の計算式で計算するのですが、この計算式が時代の流れに沿って何通りもの複雑な計算となっています。
厚生年金保険法

旧法の第三種被保険者の支給開始年齢の特例

坑内員・船員については、もう一つ特例があり、それが、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢の特例です。
厚生年金保険法

【完全理解】なぜ「特別」支給の老齢厚生年金なのか

なぜ特別支給の老齢厚生年季は「特別」なのかを紐解いて解説します。
厚生年金保険法

特別支給の報酬比例部分は段階的になくなっていく

昭和28年4月2日以降生まれの男性と昭和33年4月2日以降生まれの女性は「定額部分」は支給されず、報酬比例部分の支給開始年齢も61歳から64歳へと段階的に遅くなっていく
厚生年金保険法

生年月日による男女間の5年の差はなぜ

老齢厚生年金の支給開始年齢は、男性は昭和36年4月2日以降、女性は昭和41年4月2日以降生まれの方から厚生年金の支給開始年齢が完全に65歳からになります。男女間で生年月日による5年の差はなぜか素朴な疑問を解消します。
厚生年金保険法

老齢厚生年金は2つある

老齢厚生年金は厚生年金保険から支給される老齢給付のことですが、一般的に老齢厚生年金の中には、60歳台前半の老齢厚生年金と65歳からの本来の老齢厚生年金の二つがあります。
タイトルとURLをコピーしました